メルマガ登録・
解除はこちら







メールでの注文
お問い合わせは
info@maxicimam.com

TEL:03-3325-3868
(平日13:00〜19:00)
※土日祝日はお休みです。

ゴシック&ロリータ
パンクブランド
© MAXICIMAM
-マキシマム-

ゆめかわいいロリータファッション、ゴスロリ、衣装、
パニエのコスプレのお服ブランド、マキシマムです。


Entry: <<  main  >>
プラモデル好きの黒玉☆ニャリ
2014.11.07 Friday | category:☆その他

今回はマキシマムはレディースメーカーですが男子ネタぽいです、ごめんなチゃいm(._.)m

そう男子大好きプラモデル
プラモデル好きの黒玉☆
偶然、『田宮模型の仕事』と言う本をゲット♪

黒玉、戦争は嫌いです、勿論、戦車のプラモデルも戦争とは違い、純粋なホビー(おもちゃ)だと思います。
戦車や兵隊さんのジオラマが好きで、タンクのタミヤ様のプラモデルを沢山作りました。
勿論、バンダイ様のガンプラも大好き。

タミヤ様、

最初は木型の木製模型でスタートされたのですが、アメリカからプラモデルが輸入され始め現在のプラモデルに移行、

その昔(本では1960年代頃)は、海外では日本製品は、粗悪品と言うイメージがあったそうで、ひた向きな努力でその壁を突破、

タミヤ様のプラモデルが海外でも評価されるまでの記録が綴られていて、ウルウル大感激(T-T)

最初は海外の戦車や飛行機の資料がなかった為、新聞の写真などからパーツを想像し作り始め、

その後世界中の戦車博物館を飛び回り、

警備の目を盗みかいくぐり戦車の上に乗って写真を撮りまくったり、

海外の大使館や軍隊経験者のツテをたより、リアルな戦車作りを目指したそうです。

とくに旧ソピエト連邦の戦車は冷戦時代で資料がほとんどなく、大変だったそうです。

戦車はその国の文化が反映されていて、特に脱出口、エスケープ・ハッチは、

アメリカ軍にはあるのですが、日本軍にはなかったそうで、

ダメだったら生き延びてもう一度チャレンジしろと言う文化と

最後まで戦い抜けと言う文化の違いではないのかなと書かれていて興味をもちましたが・・・・エスケープハッチのないタンク・・
ガクブル、怖すぎる!!!

想像で作った部分が実物を見たら全く違って、あわてて作り直しもザラにあったとか、

あらゆる努力
( ̄□ ̄;)!!なんと言う、物作りへの執念☆

マキシマムではお洋服をデザインさせて頂いていますが、戦車のプラモ作り、同じ物作りと言う意味で、とっても勇気を頂きました。

マキシマムのお洋服を愛して下さるお客様がいらっしゃるかぎり、感謝し頑張ろうと改めて考えさせられました。

『マキシマム、まだまだガンバるノラ♪』でした。

タンクばりに前に進みます。

参考図書
『田宮模型の仕事』
田宮俊作・著
文春文庫
 

◇おしゃまニャンコの著作権はマキシマムに帰属します。

◇ブログランキングに参加しています。クリックして応援よろしくお願いします。


にほんブログ村 ファッションブログ ロリータ系へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

 

このページはメルマガで配信したお洋服やファッションに関するコラムです。メルマガ配信から2週間遅れでさらに詳しく加筆し掲載いたします。おたのしみに♪ メルマガ登録はこちらから♪宜しくお願い申しあげます。

 

【その他に戻る】

 

【おしゃまニャンコラム-過去のコラムもくじに戻る】

 

| | 18:47 | comments(0) | - |





|Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

|Search

|NewEntry


|Archives

RSS
ATOM
管理者ページ
Gothic&Lolita&steampunk&Goth Loli&Alice in Wonderland マキシマムは、 ゆめかわいいロリータ・ファッション・衣装・スチームパンク・大きいサイズ・3L・LL・ゴスロリ・ゴシック・パンク・ネコミミ・ロリィタ・コスプレ・の通販です。 オフィシャルサイト内の イラストや文章や画像の無断転用を禁止します。使用されたい方は ご連絡下さい。 使用目的に よってはお断りする事があります。ご理解のほど宜しくお願い申しあげます。

maxicimam of Gothic&Lolita &Punk&Nekomimi Brand http://www.maxicimam.com/

Copyright 2005 ©マキシマム(MAXIMUM)・maxicimam