メルマガ登録・
解除はこちら







メールでの注文
お問い合わせは
info@maxicimam.com

TEL:03-3325-3868
(平日13:00〜19:00)
※土日祝日はお休みです。

ゴシック&ロリータ
パンクブランド
© MAXICIMAM
-マキシマム-

ゆめかわいいロリータファッション、ゴスロリ、衣装、
パニエのコスプレのお服ブランド、マキシマムです。


Entry: <<  main  >>
【もしかしたらこの世界はバーチャルなのではニャいニャリ♪か】3ニャリ♪
2016.11.18 Friday | category:☆サイエンス&フィクション

【もしかしたらこの世界はバーチャルなのではニャいニャリ♪か】3ニャリ♪

さて、いよいよ第三段階になります、

前回書いた惑星関の戦争をクリアして初めて、

地球まで宇宙人はやって来る事が、出来ると思われるます。

惑星同士で戦争をする位の科学や技術力があれば、

タイムトラベルや次元の壁を超えたりワープしたりとメチャメチャ凄い、

【もしかしたらこの世界はバーチャルなのではニャいニャリ♪か】3ニャリ♪
今の黒玉達から見たら神の様な存在であると考えられるのです。

だいたい旅行は事故と言うリスクの危険があります、


ともすれば宇宙旅行は究極の危険が伴うと簡単に想像でき、

そうなるとバーチャルの技術も大変な重要な物になり宇宙人が直接来ると言うよりは、

人工知能やロボットが宇宙戦艦を操縦し、宇宙人はバーチャルの技術を応用して地球に飛来すると考えられ、

宇宙人が直接来るなどは最初の宇宙旅行では考えにくく

ロボットで地球までやってきて安全を確認、テレポーテーションなどの機材を地球に設置、

その後直接、宇宙人が来るのではないでしょうか

更に地球人には宇宙人が見えなくなる技術とか色々な事が考えられますし、

多分地球人が想像さえ出来ない技術を持っていると考えられ、宇宙人を捕獲する事は、

まず不可能では無いかと考える黒玉なのでございます。

UFOが目撃される段階の宇宙人はまだまだ地球に来たばかりのシロウト宇宙人、

と言う事になり宇宙人としてはまだまだ未熟者なのではないのでしょうか!?

高度な技術力を持ち地球に現れている宇宙人は、テレポーテーションなどで次元をワープし、

さらに透明人間の様に絶対に目撃され無い状態で地球に旅行に来ていると考えるのであります。

そして話し合いにより他の銀河系に進出できると言う事は友好的な宇宙人であり、

侵略を好む宇宙人は、戦争により自身の星が滅んでしまい地球まで、到達する事は不可能であり、

そんな神の様な宇宙人が、科学技術やレベルの低い地球を侵略するメリットは考えられず、


地球にワザワザくる理由を考えるとやはり博物館の様な観光旅行位の事や、

話し合いで世界中が仲良くしないと、このままでは、地球人は戦争で滅びますよなどと、

親切心でメッセージを伝えているのでは無いでしょうか。

【続きます】
 

◇おしゃまニャンコの著作権はマキシマムに帰属します。

◇ブログランキングに参加しています。クリックして応援よろしくお願いします。


にほんブログ村 ファッションブログ ロリータ系へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

 

このページはメルマガで配信したお洋服やファッションに関するコラムです。メルマガ配信から2週間遅れでさらに詳しく加筆し掲載いたします。おたのしみに♪ メルマガ登録はこちらから♪宜しくお願い申しあげます。

 

【サイエンス&フィクション】に戻る

 

【おしゃまニャンコラム-過去のコラムもくじに戻る】

 

| マキシマム(MAXICIMAM) | 16:34 | comments(0) | - |





|Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

|Search

|NewEntry


|Archives

RSS
ATOM
管理者ページ
Gothic&Lolita&steampunk&Goth Loli&Alice in Wonderland マキシマムは、 ゆめかわいいロリータ・ファッション・衣装・スチームパンク・大きいサイズ・3L・LL・ゴスロリ・ゴシック・パンク・ネコミミ・ロリィタ・コスプレ・の通販です。 オフィシャルサイト内の イラストや文章や画像の無断転用を禁止します。使用されたい方は ご連絡下さい。 使用目的に よってはお断りする事があります。ご理解のほど宜しくお願い申しあげます。

maxicimam of Gothic&Lolita &Punk&Nekomimi Brand http://www.maxicimam.com/

Copyright 2005 ©マキシマム(MAXIMUM)・maxicimam