メルマガ登録・
解除はこちら







メールでの注文
お問い合わせは
info@maxicimam.com

TEL:03-3325-3868
(平日13:00〜19:00)
※土日祝日はお休みです。

ゴシック&ロリータ
パンクブランド
© MAXICIMAM
-マキシマム-

ゆめかわいいロリータファッション、ゴスロリ、衣装、
パニエのコスプレのお服ブランド、マキシマムです。


Entry: <<  main  >>
【もしかしたらこの世界はバーチャルなのではニャいニャリ♪か】4ニャリ♪
2017.06.19 Monday | category:☆サイエンス&フィクション

【もしかしたらこの世界はバーチャルなのではニャいニャリ♪か】4ニャリ♪

 

さて、いよいよ第四段階になります、話が横道にそれ、

 

宇宙人とエジプトの黒玉的な妄想になります。

 

良くフリーメンソンの起源はエジプトの石切職人だったと言われます。

 

そしてキーワードは『友愛』

 

テレビ等の陰謀論の番組で良く『ベールに包まれた秘密結社』の扱われ方をしていますが、

 

ポピュラーな、『ロータリークラブ』と言う、お金持ちのサークルの創立者は元々フリーメンソンにいた方が創立されたと何かの本で読みました。

 

エジプトと言えばスフィンクスやピラミッドなど不思議な建造物が多く、

 

スフィンクスに至っては最近の研究でに作られピラミッドより遥か昔に作られた事と言われています。

 

ギザの大ピラミッドは紀元前2500年頃、

 

スフィンクスは最近までは、首の部分の水による浸食を受けている事から、4500年前〜7500年前位に出来たのではと言われていましたが

 

最近では、80万年前に作られたと言う説が。。。そうその時代に人類は存在していないのです、一体誰が!?

 

そして良くUFOや宇宙人とピラミッドとの関係が取りざたされる、エジプトですが、

旧約聖書の冒頭、創世記の後に、第二章、出エジプト記にてモーゼが虐待されているユダヤの人々とエジプトから脱出する期日があります。

 

ならば、遥かに遠くの銀河系から、話し合いに寄り、銀河戦争を回避した素敵な有効的宇宙人が太古のエジプトに飛来し、古代建造物などの設計を指導、そして平和的話し合いによる解決を指導していたとしたら、

 

そしてフリーメンソンにも友愛と言う隣人を愛せと言う教えてを残したとしたら、

 

エジプト、フリーメンソン、スフィンクス、旧約聖書と宇宙人との間には不思議な関係がある様なら気がします。

 

やはり宇宙人は昔から地球に来ていた!!と黒玉は勝手に妄想します。

 

世界中の皆がお互いに助け合う姿勢が、宇宙の不変の心理だとしたら面白いなぁと妄想するのであります。

 

さて、話がそれましたが

 

この世はバーチャルじゃ無いのかニャリか!?

 

元にもどります。

 

【続きます】

 

◇おしゃまニャンコの著作権はマキシマムに帰属します。

◇ブログランキングに参加しています。クリックして応援よろしくお願いします。


にほんブログ村 ファッションブログ ロリータ系へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

 

このページはメルマガで配信したお洋服やファッションに関するコラムです。メルマガ配信から2週間遅れでさらに詳しく加筆し掲載いたします。おたのしみに♪ メルマガ登録はこちらから♪宜しくお願い申しあげます。

 

【サイエンス&フィクション】に戻る

 

【おしゃまニャンコラム-過去のコラムもくじに戻る】

| マキシマム(MAXICIMAM) | 11:14 | comments(0) | - |





|Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

|Search

|NewEntry


|Archives

RSS
ATOM
管理者ページ
Gothic&Lolita&steampunk&Goth Loli&Alice in Wonderland マキシマムは、 ゆめかわいいロリータ・ファッション・衣装・スチームパンク・大きいサイズ・3L・LL・ゴスロリ・ゴシック・パンク・ネコミミ・ロリィタ・コスプレ・の通販です。 オフィシャルサイト内の イラストや文章や画像の無断転用を禁止します。使用されたい方は ご連絡下さい。 使用目的に よってはお断りする事があります。ご理解のほど宜しくお願い申しあげます。

maxicimam of Gothic&Lolita &Punk&Nekomimi Brand http://www.maxicimam.com/

Copyright 2005 ©マキシマム(MAXIMUM)・maxicimam